怪しい少年少女博物館 2015.11.26 Part1

  ■DATA

■魚が食べたい

今回も、あらかじめ目的地は決まっているため、調べる事は"魚が食べられるお店"

ただ単に魚を食べるだけなら、いくらでもあるのですが、"美味しそうな店"、"海ならではの新鮮な店"となるとそうそう無い。

唯一の情報収集手段は、ぐるぐるマップなのですが・・。

 

迷路の中を行くのは嫌なので、国道沿いをメインに探すけど無いですね。

ぐるぐるマップに登録されている店を、調べてみるけど、公式サイトがなくメニューが分からなかったり、クチコミの写真はあるものの

どの品か分からないし、値段も分からない。

意外と、ぐるぐるマップは使いにくいと言うか"使えない"部分が少なく無いのを実感させられる・・。

 

そんな中で、やっと条件に合いそうな店があったと思ったら、5,000円とかの高いお店(汗

評価もあまり良く無かったりと、怪しさもあったけど、どのみち定休日だったり。

木曜休み、結構多く無い?(汗

 

迷路の中まで探しまくったけど、いいところが無い。

何店も見てると、そのうち、どうでもよくなり、魚さえ食べれればいいやと、投げやりになってしまいますね。

魚なら岐阜でも食べれる訳で、"新鮮"、"安い"、"非冷凍もの"という条件で探さなきゃ、伊豆まで来た意味がない。

運営上、"非冷凍もの"は不可能に近いだろうから、それは除外するにしても、中々条件に合う店が無い・・。

 

結局、選んだのは伊豆オルゴール館に行った時に、少し気になったお店にしました。

国道沿い、目的地から近い、値段もリーズナブル。

中伊豆方向から行くと反対車線なので、入りにくいかもしれませんが・・。

公式サイトもないし、定休日分からないけど、大丈夫かな?(汗

 

■大金を持って郵便局

雨が上がった郵便局 入る時は結構、降っていた(汗

 

ずっと暖かかった伊豆ですが、突如として12月下旬並みの気温になりました。

先日まで20度超えてたのに、いきなり10度。

何なんだ(;´д`)

これで、岐阜から持って来た防寒用の冬服が着れるよ( ̄◇ ̄;)

 

いつもの郵便局に向かう。

昨日、営業さんから、ついでに他の所の売上も入れてくれと、大金を預かりました。

合わせたら、凄い金額。

でも私の給料は、日当すらつかない(汗

 

一応、営業さんのおかげで、条件付きで付けてもらえる事になったけど、私が伊豆に入ってからではなく、これかららしいんですよね。

伊豆での勤務、もう残り日数、少ないんですけど?(汗

どちらにしても、会社の出した条件をクリアしている日が、あるか無いか程度なので、伊豆に来た日からカウントしても意味は無いんですけどね(汗

 

郵便局に、いつもの時間に来たのですが、駐車場に入る前からビックリ。

開店早々、大混雑で駐車場にすら入れません。

道路まで車が並ぶ・・(汗

 

出て来る車を待って、順番に入って行く。

何度も利用しているのに、こんなことは初めて。

来週の月曜日は、月末日ということで、開店時間を遅らせてでも入金しないといけないけど、この調子で行くと、月曜日は休んだ方が良さそう・・(汗

 

やっと中に入って、順番待ち。

割と早く呼ばれたので、助かりましたが。

 

待っている間に、隣の人の話を聞いてました。

85歳のおじいさんで、今年、奥さんを亡くしたみたい。

その時の話をしていましたよ・・。

 

普通に会話して、5分程、席を離れたら奥さんが倒れ、そのまま帰らぬ人に・・。

脳溢血だったかな。

別れの覚悟もなく、別れの言葉も無く、ついさっきまで普通に生きてた人が亡くなる・・。

悲し過ぎる(つд`)

 

80歳を超えると、そういうのが割と普通になるとか・・。

友達のお母さんも、まさにそんな感じで亡くなったと言ってたな。

もっと若く、60代で・・。

 

無事に入金を済まし、いよいよドライブ開始!

さっきまで、雨が降り、ドライブどころではなかったけど、雨が上がり晴れ間が出て来ました。

よっしゃ!

 

前回と同じ様に、県道11から国道135へ。

もう慣れたもの。

 

伊豆ドライブも4回目だけど、今回が最後かも?

まだ、来月の日程が未定・・。

来月にすぐに終了ではないものの、現地休暇かどうか分からないし、来月下旬には別の場所で営業らしいので。

寒い所に行くのは嫌だよ(つд`)

 

伊豆に来たのに、景勝地には行かずに、博物館系ばかりに行ってるのは、ちょっと残念だったり・・。

でも皮肉にも、最初の戸田以外は天気が良く無く、屋内観光向けでしたからね。

お金もかかるし、旅行で行くのではなく、出張中ならではの観光としては、まあいいか(汗

 

国道136は、混んでなくてもすぐに遅くなるから、嫌ですね。

4、50kmでトロトロと進む。

 

漁民って、ワタミ系? ガリガリの人が笑顔で長時間労働させられているのだろうか・・(汗

 

月曜日に入金してから、開店だけど、かなり遅れるんじゃ無いのか?

月末だと郵便局を利用する人は多いだろうし、開店が9時だから早く行く事もできない。

そして、国道136から行くのが最短だけど、こんなにトロトロでは、余裕で韮山反射炉に着くのは10時過ぎ。

 

まわりの人から見たら、寝坊して遅れて来て、慌てて開店していると思われるだろう・・。

ちなみに、10時〜12時は、最初のピークで稼ぎ時。

10時過ぎに開店したら、販売準備ができるのは11時前。

いきなりバタバタと忙しいし、嫌だな・・(;´д`)

 

韮山反射炉の交差点を過ぎると、ここからスムーズ。

別に曲がって行った車が、多かった訳でもないのにな。

商店街ではないけど、建物が多くて見通し悪いから、速度を落として走る車が多いからでしょうか?

 

■給油

今週も給油

 

郵便局とセットで行くのが、GS。

入金&給油です( ̄∇ ̄|||)

 

毎週、キレイに半分ぐらい減る。

満タンで600kmぐらい走る計算だけど、一週間で300kmも走ったか?

ドライブは100km前後だし、通勤は20kmもない。

200kmぐらいが、いいところですからね。

 

ただ、伊豆は急な上り坂が多くて、燃費が悪くなる土地柄。

なんせ、アパート近くが45度ぐらいの急な上り坂。

こんな変な所にあるアパートなんて、月1万円でも高いだろと思ってたのですが、実は月14万円。

どんだけ、ボッタクリだ(;´д`)

 

給油を済まし、県道12へ向かう。

ここの交差点は、いつも混むから嫌ですね。

変な形をしていて危ないし、交通量も多い。

中伊豆と東伊豆を結ぶ要所なのかも?

 

気持ちよい空!

 

県道12の交差点 信号も中々変わらないため、すぐに混雑・・

 

前回は伊豆スカイラインを使いましたが、今回は使いません。

最近のドライブは、やたらとお金がかかっているので、少しでも節約しないとね(汗

 

それに帰りはともかく、行きは上りが多くて60kmしか出せませんでした。

お金出してまで、走る物なのかなと・・。

遅い車が県道に居たら、それを回避するときだけ使えばいいかな。

 

伊豆スカイラインの冷川IC 今回は入りません・・

 

今回は珍しく、遅い車に捕まらず、スムーズに走れたので助かりました。

これなら、余裕で県道12で十分!!

 

伊東まで13km

 

、、、しかし、後悔に変わる。

前々回と同じ、大室山へ通じる県道351へ行かず、伊豆スカイラインに繋がる県道112に直進。

大室山に登ったときは、トンネルへ左折したけど、今回はそのまま直進。

この方が国道135に出るには、近道なので。

 

県道112 最初こそ、普通の道だが・・

 

最初こそ、普通の道路でしたが、どんどん山の中に入り、幅が狭くなりました。

上り坂のクネクネ・・。

 

県道351も上り&クネクネだったけど、少なくとも普通の2車線道路。

ところが県道112は、1.5車線しかない峠道。

旧道?

 

思い切り山道というか峠道(つд`)

 

旧道なら交通量も少なく、幅が狭くてもそんなに問題も無いですが、新道?が有料のスカイラインになるので

お金をケチって旧道?の県道112を使う人が、少なく無いのでしょう。

すれ違うときは冷や汗もの。

こんなことなら、お金払えば良かった!(つд`)

 

或は、遠回り覚悟で、県道351か。

究極の選択だね・・。

なんでスカイライン、有料なの?

完全に足下見てるだろ( ̄◇ ̄;)

 

クネクネを上りつつ、やっとスカイライン手前に出ました。

やれやれだぜ・・(汗

 

伊豆スカイラインの道に出て伊東市へ

 

大室山近くを下って行くと、海が見えて来た!

海の近くと言えば、近くですからね。

国道135が、海沿いじゃないのが非常に残念゛だけど・・。

 

大室山! 晴れてたら寄ろうと思ってるんだけどな・・

 

海だ! 海の近い所に来ている筈なのに、海を見る回数が少ないな(汗

 

前回の、ねこ博物館に入った道を通過。

このクソナビ、こんな危ない道を案内しやがって(-_-メ)

 

前回、撮り損ねたので・・ ここを右折すると距離的には近いが、かなり迷いやすく、危ない道・・

 

国道135に着くと、これまた前回嫌な思いをした旅の駅が見える。

二度と行かないぞ!(`Д´#)

 

今回の目的地、怪しい少年少女は、もう少し。

工事渋滞が心配だったけど、今回はやってなくて助かりました。

道路を削っている所があったから、まだ終わった様ではないですが(汗

 

■エロエロ?! 怪しい少年少女博物館

建物正面からして・・(汗

 

何度も通過して来ましたが、今回は入ります。

交差点付近で右折なので入りにくい上、入口がやたらと狭い。

入りやすくしてよ( ̄◇ ̄;)

 

駐車場に入ると、車は1台停まっているけど、恐らく関係者の物だろう。

前回通過した時に見た車と同じだし(汗

 

撮ってたら、水の音が・・ 二宮さんが立ちションしてる!!(;´д`)

 

まわりを撮っていると、車が1台入って来た!

横浜の車で、家族連れで来たみたい。

 

巨乳!! ここからして、エロい香りが・・

 

入口まで行ったし、入るのかと思いきや。

あまりの怪しさにビビったのか、料金見てちびったのか、帰って行きました。

横浜から何しに来たんだ・・(汗

 

床屋さん? こっち見てる!!

 

私は入るつもりをしていたので、勿論、入ります。

割引チケットを持っているので、100円引きの900円。

前回のねこ博物館では、割引券券パンフレットを取られてしまい、実家に帰ってからスキャンしようと思ってたのが、できなくなってしまったので、

今回は新たにパンフをもらいました( ̄∇ ̄|||)

 

割引券兼パンフ

 

入場券

 

中に入ると、少し寒い・・。

誰もお客さんいないし、暖房入れないのは当たり前か(汗

 

名車?のミゼット! 猫用サイズの車 いくらぐらいだったんだろう? 新車で30万円ぐらいなら欲しいが・・

 

入口には、昔懐かしい駄菓子屋で売ってた様な玩具が並び、ミゼットがありました。

写真撮りたいけど、チケット売り場の人が見ているから、撮りづらい・・(汗

 

懐かしい玩具! 今でも売ってる所も有るけど

 

子供の頃欲しかった?蛇の玩具 嫌がった母の気持ちが今ならわかる(汗

 

意外と有名人も来ている! テレビのロケが多い

 

少し進むと、ここから博物館なのでずか、マネキンがいっぱい並んでいて不思議な感じ。

元々が博物館と言っても、まとまりがないというか、つかみ所の無い様な所。

実際に来てみても、つかみ所が無いですね(汗

 

服を着たマネキンが並ぶ 白黒ボーダーなのは囚人服?!(汗

 

説明を発見! 文明開化?

 

どうやらファッションの変遷を、紹介しているらしい。

ほんのちょっとですが、説明も有りました。

 

、、、このファッションと、どう関係あるのか、エロ本を展示、、、販売していました。

普通のエロほんならともかく、かなりマニアック?なエッチの仕方を解説した本。

こんな本、初めて見た!

どこから、探して来たんだろう?(汗

 

最初はアニメの謎本だが・・ 鬼灯の冷徹、暗殺教室、進撃の巨人はテレビで見た!

 

うわぁ・・ 昭和の香りがするが、いつ出版なんだろうか?

 

これ、子供と来てたら、かなり焦りそう。

まだ奥の方の見にくいところならともかく、入口入ってスグのところにありますからね。

 

昔のエロ本? ここまで古いと、風俗の歴史として価値も出て来るだろうが 珍変態読み物っていう響きが凄いな( ̄◇ ̄;)

 

子供の知らない単語も多いし、これ何?なんなの?って純粋に聞いて来ても不思議じゃない。

お父さんはともかく、お母さんは激怒してもおかしくないぞ( ̄◇ ̄;)

 

ビックリマン?! もろスーパーゼウスじゃないのか?(汗

 

ファッションコーナーに戻り、時代は明治から大正時代と、かなり遡るみたい。

テレビとかで、見た様な感じですね。

 

昔のお金? 本物なんだろうか? お金をコレクションしてるから欲しいなあ・・

 

当然ながら、今の時代から見ると、チョンマゲほどではないにしても、同じ日本人からしてもおかしな格好に見える。

今の時代は、これが普通でも、100年後の未来の人から見れば、私達も"変な格好"してるんでしょうね( ̄ω ̄;)

 

当時は、みんなこれを来て町の中を歩いた?

 

お次は戦時中。

昭和初期でしょうか。

 

見ただけで、時代が分かる・・

 

いつ空爆があるかもしれないから、防空服が普段着って・・

 

当然ですが、贅沢は敵!

ファッションどころではないし、欧米物は禁止。

安全のために、防空頭巾、モンペが普通になります。

 

ノラクロとレシプロ時代の戦闘機 おじいさんがノラクロのコミック持ってたから、子供の頃に見た事ある

 

ほかの時代と比べても、この戦時中のコーナーだけ異質と目立つ。

ほかのファッションの時代が分からなくても、ここだけは分かりますね・・。

 

当時の給食? 並べられてるだけで、解説が一切無いのは勿体ない・・( ̄◇ ̄;)

 次へ リストへ